今日の気づき

身体と心のきづき

令和3年11月26日
物事の大半は思惑が分かってしまえば取るに足らぬこと。要は利害関係の中での力関係なのである。だからそういうのとは無関係な人間関係が財産なのだ。
学校での勉強の大半はその力を手に入れようとしたものであり、社会に出て悩む大人は多い。そうした思惑と無関係に近い生き方は、都会では失われつつ感じるが、自然とともに、自然を大事にする環境に出れば随分救われるような気もする。世の中はやり直す間もなく急速に変わってきているが、様々なことが半ば強引に押し進められる現在にあって、人が人を苦しめる流れは収まるようには思えない。だから、これからの時代に対する憧れや距離感というものは、これまでとは違うことを感じておく必要がある。

令和3年11月24日
脱力 姿勢 重心 慣性
これらの要素が微かにつながってきたように感じる

令和3年11月18日
昨日の稽古では、体を波に使うことが座り技での受けにも有効であることが分った。また、その気づきのキッカケでもある、立って向かい合い互いに波を感じ突き飛ばす稽古法も、今後の技の展開につながる可能性を感じた。さらに、体を波に使うように整えることで目への意識が薄れ、無意識的な身体使いが導かれやすくなったような気がした。力を抜くことの大事さは基本中の基本であるが、どのように力を抜くかがとても重要である。

令和3年11月11日
昨日の稽古で、抜刀術は浮いている間におこなう必要があることを再認識した。
また「懐月」とう技では、円に動く感覚と、「津波返し」では歩幅が重心移動を追い越さないことが大事だと理解した。

令和3年11月08日
一方が突き進んで行くと、場によっては萎縮抵抗を生み出すこともある。だから、演じることや逆に突き進むことが必要となる。それはエンタメ界を見ても振り幅の上手い人は結果として物事を優位に進めている。だからといって上辺を真似、勘違いをしている動画のようになってはならない。根本が鋭すぎるから必然性があるのだ。

令和3年11月05日
一昨日の稽古で、肩はブレーキになっていることがあらためて実感出来た。
身体をゆるめる稽古は、気がつかなかった力みを感じさせてくれる。また動きの細やかな具合を知らせてくれるようにもなる。

令和3年11月01日
衝撃は岐路となる
想定を大きく外れたもの そこに新たなる視界が開けてくる

令和3年10月28日

身体は心をリードしている
無意識は意識よりも優秀である

令和3年10月25日
無意識に表れるのはその人の心の本質である
心は傷ついてきたことでその本質に通ずる
逃げず流されず生きていくことが研磨となる

令和3年10月20日
この日の収穫は大きかった。
抜刀術では、肩の使い方と姿勢との関連で、抜くまでの間が短くなった。それに伴い、脚足の使い方も小さく速く変更となった。僅かなところにこそ大きな気づきがあるものだ。
抜刀術では、確認から離れ曖昧なままにおこなうこと。これは抜刀以外にも当て嵌まる。
波の使い方にも進展があった。
受け側も波を使うと非常に崩れにくくなる。相手の起こりに合わせ波を使うこと。その波は難しいと思っていた下への力にも大変有効であった。これは最近の中で最も驚くべき事だった。さらに、取り側(技を掛ける側)の波は、非常に速く動くと言うよりは伝わっていく感じで、電気的な感覚でもある。その速さとエネルギーの通し方に、今後波にとらわれない曖昧さの中で研究したいと思う。

令和3年10月18日
今日の剣術で、自分でこれからやるという気持ちと、実際に身体を動かすタイミングは別なものだという実感があった。ふつうは合わせておこなっていることに気付かないのだろう。

令和3年10月17日
「楽しさから芽生える自主性」
人が育つためには自主性をいかに育てるか。正解に縛られないルールの中で、自由に考え自由に実践すること。そのキッカケをどのように与えられるかだろう。

令和3年10月16日
「曖昧さの中の明確さ」
把握に務めず曖昧さの中で実感を明確に捉える。
ある段階から、分かることから分からないことへ動きの質を変えていかなければならない。
それはおそらく自然とそうなるものなのだろう。

令和3年10月13日
背中を波に使う技は、受けとしても波に受けることで威力を吸収することが出来た。これは今日一番の発見。
三十連円打の十三番目の足運び、一歩目を差し換えて使うことでより一層動きが滑らかになった。浮身は流れを止めずその結果操作性が向上する。

令和3年10月10日
三十連円打の十三番目の足運びがこれれまでの一歩から三歩へと変わった。
これにより、身体の動きと杖の動きが連動し動きやすくなった。

令和3年10月04日
技と同様に、力み無く詰まり無く滞り無く、事に当たっていかなければならない。
目標や想定というのは、力み詰まり滞りが生じやすい。その場に委ねること。

令和3年9月29日
今日の気づきで、背中を波に使うことで幾つかの技が、あっけないほど強く利くようになった。波に使うためには脱力してなければならない。

蠢動は張りが無ければ利かなくなってしまう。

令和3年9月25日
学問の始まりは、自らを観察することが起源なのかもしれない

令和3年9月22日
肘のちから、それが背中のちからでもあり、抜刀術でも今まで使えていなかったことに気がつく。ボクシングのコークスクリューブローがなぜ威力があるのか、そしてなぜ使える人が少ないのかも分かった。

令和3年9月15日
今日の稽古で、肩甲骨の開きと重心の変化に気づきがあり、実は無意識的に些細な動きに重心は動かされるのを止めている可能性があることに気づく。

令和3年9月08日
無意識の働きの要素を残しておかなくてはならないから、分析はほどほどにする

令和3年9月01日
腰を落とす際の懐の作り方には手順があり、それによって腰の具合が決まってくる
抜刀術は背骨の柔らかさが大事

令和3年8月25日
剣術「鶴嘴崩し」では、もぎ取る際に回転していたが、浮きを掛けながら体を沈めることと、それに合わせて右前腕と剣を沈めることで一瞬で相手の剣をもぎ取ることができ、回転する必要がなくなり簡略化できた。

令和3年8月18日
剣術「鶴嘴崩し」において、右手を逆手に持ち替えさらに相手の剣を沈めるように使うと、左手で相手の剣をもぎ取ることが容易となることが分かった。

令和3年8月11日
抜刀術は、自分の気配をどう変えられるか。つまり、体術における対人稽古を、一人で自問自答しながら、受けと取りをおこなっている感覚に近い。

「独楽落とし」では腕の使い方が蠢動の働きを最大限活かすことが分かった。これまで散々色んな箇所を点検してきたが、今日ほど確信できたことはない。

令和3年8月10日
物事が廃れる最大の要因は、需要のワンパターン化または習慣化になってしまうことだろう。
供給側にとって、それはリスクの少ない商売となってしまい、そこに人選の入れ替わりがなされてしまう。
つまり需要側、供給側ともに原因がある。

令和3年8月04日
剣術の「反し突き」では、相手の突きを擦り上げる一手間を加えることで対応が速くなり、かつ次への動きが落ち着いておこなえるようになった。あらためて下段の構えは後の先として有効だと感じた。

体術「独楽落とし」では、相手との接触部は掌が触れず、皮膚同士であれば熱が伝わる位の距離、「熱接触」でおこなうと技が通りやすいことが解った。また、肩甲骨の蠢動を活かすには肘を曲げ過ぎていてはならない。

令和3年7月28日
胴斬りに進展があった。左肘が動きにブレーキを掛けていたことが分かり、これまでよりも楽に速く負担無く木刀を振ることが出来た。

令和3年7月27日
剣を振る際に、指が肘を連れていく感じがあった。
これにより、微妙な手順が整い、今まで以上に抜けた感じで剣を振ることが出来た。

体術(身体を使う術)には、微かなことや信じがたいことが「信じられるもの」として検証できる役割がある。

令和3年7月21日
「稽古の気づきは自然の法則である」
その流れ、循環に適う日々の過ごし方から外れないこと

杖術では、中段の構えによる対応が進んだ
相手からの突き、上、中、下、に対する捌き方にそれぞれ進展があった。なかでも玉簾による突きの手の内に変化があり、これにより速さと精度が増した

「眼整」(がんせい)の気づき※(造語)
眼で体を整えること。これにより横隔膜がゆっくりと下がる感がある。それに伴い集中が高まりゾーン(フロー状態)に入る感じがある。しかしながら眼(目)は諸刃の剣である

武術稽古では、一石二鳥以上の働きが気づきになっている

納刀は右手を下げ手の内の抵抗を減らすこと

令和3年7月19日
この日の稽古で、剣の振り下ろし方と体術における体の使い方に共通点があることが解った。
それは、円の軌道と落下の兼ね合いがその目的に適ったものであるということ。

令和3年7月14日
今日の稽古で抜刀術に進展があった。初動の手順であるが、鞘が重心を連れていくようにおこなうと、これまでよりも自然な繋がりで抜けることが実感できた。
杖術では、巻き上げからの打ち込みに派生した技で巻き上げからの裏お辞儀潰し(左)が生まれた。この巻き上げからの裏お辞儀潰しという技は以前からあるが、今回のものは技への入り方が異なり、また左側からの裏お辞儀潰しとなる。そのため、以前からの技を「巻き上げからの裏お辞儀潰し(右)」とし、今回生まれたものは「巻き上げからの裏お辞儀潰し(左)」と便宜上名前を分けた。

令和3年7月12日
正面斬りは、今まで手の動きや肘の動きを意識していたが、背中から動くことで、手の動き,
それらに付随する部分の動きが軽くなり忘れたようにおこなうことが出来た。そして剣を下ろす一瞬前に胸で下ろしている感覚があった。つまり背中で上げて胸で下ろすような感覚。これはやはり背中から動く体術の感覚があればこその操作感覚だと思う。

令和3年7月07日
この日の稽古では、体術「独楽落とし」で触れる手の位置に気づきがあった。
というよりも、以前から気づいていたのであるが、技の誘いにより触れる位置が変わってしまっていた。

令和3年7月02日
自分と向き合うことは人間にとっての自然を探ることでもある
向き合える時間が削られる今の世をどう誘われずに生きていくか

令和3年6月24日
昨日の稽古で、誘われないことから「消す」ことに気づく
身体の前に心の反射、心の先回りが起きていることを実感
技の出来不出来に、このことを実感できたのは非常に大きい

令和3年6月19日
身の規矩を養うために、状態観察を徹底し、現時点での状態把握から、さまざまなものに対する誘いに心身がどう動かされているかを知る。そのためには、基準が必要であり、それが規矩となっていくものだと思う。

令和3年6月14日

同じ裸足稽古でも、道場の床の上では、足裏のことを忘れてしまい、稽古後も足の感覚に変化はみられなかった。これと同様に、体が安心し無関心でいられる状況を変えることが出来れば、身体にとって何か変化が起きるような気がするのであるが…

令和3年6月09日
この日の稽古で、ゆっくり抜き始める抜刀術を止めることにした。これは気配と反射反応を考えたときに、単純にゆっくり動くものでは無いことから、今後は、速度ではない動き始めの工夫をしていく必要があると感じた。

令和3年6月02日
抜刀術における身体の感覚は、体術と同様に先回りの予測に備えた身体の状態が整っているかが重要。常に今の先を精確におこなえるかが大事。抜刀の感覚は抜刀でしか練られないものであり、抜刀納刀でしか馴染まない可動域がある。

令和3年6月01日
夜中に部屋で剣を振っていた際に手の内に気づくところがあった。
つまり、肩の力みを抜くには手の内を抜かなければならず、抜き方として滑らせる手の内が、切っ先の奔りと速さ軽さにつながっていく。これは新しく買い替えた木刀の柄の滑りがいいことでたまたま気がついた。

令和3年5月26日
屋外稽古で杖術に気づきがあった。
一つは、相手の突きに対し、付けるように受け、そこから巻いて払う勢いのまま相手の面に打ち込むという動き。
もう一つは、相手の面へ打ち込み、杖合わせになった瞬間に反対の面へ打ち込むというもの。
浮身がかかることで、ただの二挙動が一挙動でおこなえることに気づく。
その他は、敢えて相手に杖を持たせてから潰すというものを色々と検討。これは、崩し方を比較的容易に知ることになるので、講習会などで多くの方に興味を持っていただける内容だろう。
この日最後は、浮身による手の速さというものを検討。今後はこれを極々小さくして行えるようにすれば、それを応用した技が生まれるだろう。

令和3年5月18日
昨日の稽古で、得物の操作は最初が最後まで付き合わないということを思い出した。
分かりやすく言えば役割分担であるが、ついつい最初に行ったものは最期まで主導権をとったままに行ってしまうものだ。だから無理(違和感)が生じてしまう。

令和3年5月13日
正面斬りでこれまで気がつかなかった肩の詰まりに気がつけた。
そのことにより、剣の振りが楽になり、威力が増した。
稽古環境が変わることでこれまで気がつかなかった部分を感じられたことは大きな収穫であった。

令和3年5月10日
先日河川敷にて裸足で稽古をしたが、稽古後いままでにない足裏の感触に驚く。
道場での裸足と屋外の凸凹した大地の上では、足裏の働きが全然違うのではないだろうか。
手の接触は敏感であり、足裏の接触も然り。その情報を予知できる地面と予知できない地面では情報探査力に大きな違いがあり、そこに何らかの機能が眠っている気もする。推測ではあるが、稽古後の足裏感触の名残と、身体が喜ぶ感じは確かであった。そういえば、運動会の裸足も気持ちの良いものだった。

令和3年5月05日

意識していることがむずかしくしてしまっているのではないか
無意識がむずかしいという思い込み
意識と無意識の混線
簡単なことが正解でありむずかしいことは不正解
なにごとも解らないからむずかしい

令和3年5月02日

頑固さしなやかさ純粋さ
自分を信じること

令和3年4月27日

先日24日の土曜日の講習(マンツーマン)でおこなった滑稽な杖を使った肩の調整法が、今夜自宅で行ってみたがなかなか悪くない。動きが滑稽なので、人に伝えるのはやめようと思っていたが、明日の(日付的には今日の)クラーチ剣術教室で高齢者の皆さんの感想を聞いてみたい。
私自身、ずっと変わらなかった方の具合が土曜日以降、楽になった。調整直後は肩が軽いので、杖を使って無理の無い肩の姿勢作りと浮かせながらの縦振動がなんらかの作用を働かせているのだろう。身体の声は偉大である。

令和3年4月22日

深追いは取り逃がす
無意識の働きには意識が介入し過ぎると、だめになる

令和3年4月21日

「鶴嘴崩し」右手は突き続けながら左足を相手の右膝の裏に入れる。そうしながら左手を逆手でもぎ取る場合もあれば、膝を掛けたまま、柄で押し込んで倒すことも出来る。

令和3年4月18日

体術「独楽落とし」に進展があった。これまでさまざまに検証したが、瞬間的に腰が力んでいたことで、相手の反射を引き出していることに気がつき、自らも腰が抜けるように動くと技が利いた。これは先日気づいた腰の角度にも通ずるが、腰の角度がニュートラルになっていても、動きが強すぎては意味が無い。この気づきは、私が研究している蠢動系の体術として重要な要素である。

昨夜4/16に走り方の気づきがあった。これは腕の使い方によるもので、足のピッチが自然と速くなりウトウトしながら10km走ってしまった。

令和3年4月16日

弱さは強さの裏返しでもあり強さは弱さの裏返しでもある

令和3年4月12日

連日のデスクワークにより、左肩が悲鳴を上げだした。
色々と揉んだり湿布を貼ってもまるで効果無し。
そこで休憩がてら「杖乗解し」をおこなったところ、どうやら前鋸筋に原因がある感じがして、痛気持ち良さに導かれるままに留まった。すると、左肩がほわーっと抜けるように楽になり、ここ一週間ほどの痛みが嘘のように楽になった。
前鋸筋は、私の場合身体の硬さにも関係しているので、あらためてこの部位を解すことに今後は着目したい。

令和3年4月07日

今日は、気づきというよりは、体術で今まで出来ていたことが出来なくなってしまうことがあった。
その原因を一つずつ確認していったがどうにも解らずじまい。可能性があるとすれば先日の土曜日に痛めた左肩かもしれない。今後も身体の具合と技の利きを確認して行くが、仮にそうだとすれば、身体の整え方というものに対し新ためて継続的な調整法が求められるだろう。

令和3年3月31日

今日の稽古で「腰」について得るものがあった。
蠢動や接触技法も利きは仮説であるが、腰の位置というのも何故出来なかったものが出来るようになるのかが良く解らない。だが、この良く解らないというのが大事であり、解ろうと理屈を付けてしまうとその理屈に縛られ、興味と更なる進展に向けた発想が止まってしまう可能性が考えられる。大事なことは「出来るようになる」ということ。

令和3年3月27日

相応にして務めること
この世の中には知らないことのほうが多く、不思議なことも棲み分けられながら存在していると信じるならば、願いや想いの実現というものは単に自分だけの力ではないということを知っておかなければならない。

令和3年3月21日

感謝と礼儀は、思考法の固着による成長の低下を戒めるものであり、自発的に、形式的でなく、その想いが伝える為でなく一人自然と湧き起こるか。自らの心と身体の道標は感謝と礼儀にあるのだろう。

令和3年3月16日
人は人と会って人らしくなれる

令和3年3月15日

今日の稽古で、接点の当たりが強いと相手の反射反応が引き出されてしまうことがあらためて解った。力というのは、接点では無いところに働かせ、詰まり無く通していくことで崩せてしまうことがある。解っていても、こういうものは無意識的な部分にある程度の経験が必要となる。師の導きがあり、自得することで進展に入れる。

令和3年3月10日

背中の感覚に進展があった。昨日3/9その現象に気がついたが、今日の稽古で再検証。
背中のある部分の感じが左右に繋がり、肚が落ち着き、視界にフィルターがかかったような状態となる。
肚の意識の前に背中の感覚を作り出すこと。今はそこに何かを感じる。

令和3年3月09日

身体の状態が変われば性能も変わる

令和3年3月06日

生きていく中で幸せであることの一つには、不安を無くすことである。
そのためには、信じられるものを見つけることであり、その信じられるものは自らの身体にある。だから、身体を信じ、研鑽していくことが大事であるが、信じることは簡単では無い。

令和3年3月01日

蠢動は相手の予測が不足となり、接触の皮膚感覚には、反射を鈍らせる働きがある。
つまり、いずれも相手の無意識の計算から外れているということ。

令和3年2月24日
ゆっくりと抜き始める抜刀術に「柄の送り」が再び使えるようになった。

令和3年2月20日

「状況は風の吹くままに」
抗うことを止め、風に身を委ねるしかないこともある。
答えは風によって変わるものだから・・・

令和3年2月15日
抜刀術の初動と、脚部の連動に気づきがあった。
剣術も杖術もそうであるが、足が地に着く寸前に働かせることが重要。

令和3年2月10日

接触技法について大きな発見があった。
これは蠢動と合わせて使うことで、立っている相手の腕を片手で引っ張り下ろして崩すというもの。横方向、前方向、片襟を持たれた(胸ぐらを掴まれた)状態でも片手で倒すことが出来た。この接触の使い方は今まで考えたことも無いものであるが、人間の不可思議な作用が何らかの働きに応じているとしか思えない。今後益々この技「撫で落とし」について深めていきながら展開させていこうと思う。

令和3年2月09日

武士は食わねど高楊枝
現代において、貧しさや空腹に代わるもの
心の貧しさは情報社会の刷り込みでもある

令和3年2月03日

杖術にて抜かれた際の対応と打ち合った際の対応を稽古に取り入れることができた。
これは瞬時の対応を養うものであり、心の状態と身体の状態において常に問われるものがある。今までにないものを育てていかなければならないように感じる。

令和3年1月31日

幸せは自らの心にある
言葉は心の鏡であり眼は真を映すものである

令和3年1月26日

人を求める前に環境を求める
人は自ずと現れる
不満の原因は人ではなく環境にある
その場にいる自分に責任があるということ

令和3年1月23日

新たな四方斬りが生まれる

令和3年1月22日
人は忘れるもの
形は崩れるもの
だから毎日を大事にする

令和3年1月20日
手の内がシットリした感じ、手の内の精確さ
納刀は肚を沈めるように
浮き身の足使いは似て非なるものに陥りやすい

令和3年1月15日
気にする必要は無い
   今その瞬間が自分らしくあれば

だから、本来の自分になれる時間が必要なのだ。

令和3年1月14日
背中を働かせる左右の腕の使い方に得るものがあった。

予測力、把握力、対応力、それらを養いながら、無意識的に動ける事を目指すことが現時点で考えられる武術の動きとなる。相反するものが一致する。

令和3年1月13日

気配とは見えるものでなく反応できるもの。気配のない動きは、踏まなければならない筈の手続きを省いたものである

令和3年1月8日

受け入れる体制が出来ていること
日々の判断と取捨選択の判断。停滞しないことが闘いであり、そこには労いや穏やかな時間も含まれる。が、それらは闘いがあっての時間である。

令和3年1月3日

勉強しないと馬鹿になる。勉強しても馬鹿になる。だから馬鹿にならないように生きるのだ。

腑に落ちることと腑に落とすこと

令和3年1月1日
変わり続けることを忘れるな

過去の自分に足を引っ張られないように、振り返ることばかりせず、今の状況に合った、そしてこれからの状況に目を向けた変化を自分に求めなければならない。去年の自分に、さようなら。

身体と心の気づき(令和2年)

令和2年12月31日
どんな年であろうと、人は前を向いて行かざるを得ない。2020年という年は、これまでになく世間の出来事と情報に距離を取り、私のこれまでの生き方を認めて貰えたような一年であった。明日2021年からはまた新たに一日を積み上げ、漠然と描いてある私というものに近づいていこうと思っている。今年同様大きな一年になるだろう。

令和2年12月30日

肚に眼を持ち心に口を持つということ

令和2年12月27日

現代において三猿の教えを阻んでいるのは何なのか…
そのことを念頭において事にあたることが望ましい。

令和2年12月22日

杖整体操は、身体の深部へ届く心地よさが得られるが、その時に「肚の落ち着きを覚える」ことも重要だと気がついた。これは経験上、間が空くと無くなってしまうものなので、あらためて杖整体操の必要性を感じる。これは宣伝文句ではないので、講習会は開催しないが、自らの調整法に則ってこれからも身体の奥を感じ取りたい。

令和2年12月16日

武術稽古では身体から誘われない心に気がつき、日常生活では心から誘われない身体に気がついていくこと。

令和2年12月15日

武術における普遍性とは、誘いに対する対応法ともいえる。
誘いには、不安や焦りといった心理的事情が関わっている。

令和2年12月09日

「身体を割って使う」ということ。
とくに背中について気づいたことが大きい。

令和2年12月05日

インターネットの急速な発展は、人が人らしくあろうと省みる時間を奪ってしまった。

令和2年11月29日

背中の働きと左右の表裏が実感出来た。
あらためて背中と言うのは片側だけでは使えないものであると認識した。

令和2年11月25日
「情報の断捨離」
結局のところ、情報化社会における大半の情報は無駄なものである。
その無駄に人々は時間とお金を詐取されている。
だから世の中は空虚になったのだろう。
情報の断捨離を敢行し、自らの時間とこれからの時間を実のあるものに変えて行かなければならない。それを選ぶのは己の実行でしかない。

令和2年11月22日

「一手間の光明」
急ぐほどに遅くなる。逸るほどに出来なくなる。
一手間に気が付くことが大事であり、それはもしかすると生きていることも同様に言えることなのかもしれない。

令和2年11月15日

「流儀の拍子」
今日の講習中に思いもよらず言葉に出たが、それは動きの基盤となっている基礎稽古に関係している。

令和2年11月11日

抜刀術において足の使い方に気づきがあった。気づいてしまえばどうして解らなかったのか不思議であるが、得てしてそんなものである。それだけに独特と言えば独特な操作であり、見ても解らないものである。

令和2年11月08日

「国の繁栄と精神性」
かつての日本人の精神性がこれまでの繁栄の礎となっており、その精神性に関わる時代背景が、人々の心に刻まれた深い部分であり、それは経験してはならないものであるが、経験しなければ成し得ないものでもある。そうした悲しい過去を経験せずとも、精神性を学び普遍的なものとしての思考になっていけば、まだ救いがあるように思える。そこには、宗教や武道武術の本来の目的がそこにあるのだが、果たしてそれがどのように表れているのか…

令和2年11月04日

体術「引き込み潰し」の応用で反対方向へ相手を崩せることが解った。これは、引き込み潰し同様、両手で襟を掴んでくる相手に対しても有効であった。

令和2年11月02日

「静の集中」と「動の集中」その表裏からなる実を稽古しなければならない。

令和2年10月27日

背中から発する、得物に身体が引かれる、共通しているのは体幹部が緩んでいるという事。この「緩みの大事」が実感を持って再認識させられた。

令和2年10月26日

昨日25日に気がついた背中の発力には、時間を掛けてはいけないという事。そこに実感が残ればそれは失敗なのである。

令和2年10月21日

「匂いのような感覚」
理屈は必要でもあるが、理屈で出来るものではない。その曖昧な中に敏感な良し悪しがあり、その思いの中に匂いのような感覚がある。つまり良いか悪いかだ。

令和2年10月16日

信頼出来るか否かはこれまでの行動にあり。
言葉は言葉でしかない。言葉でしか伝えられない場合は、行動に繋がる思いがどれほど偽り無く込められているか。そこには互いの行動の繋がりが信頼の証である。

令和2年10月15日

剣術の下段からの正面斬りに気づきがあった。
円転軌道の場合、真っ直ぐ振るものを真っ直ぐ振ってはならないということ。

令和2年10月12日

人というのは最終的には精神のリスペクトであると思う。
だから武術を学んでいるのかもしれない。

令和2年10月10日

時間が過ぎるのを待つ人生よりも時間が過ぎるのを惜しむ人生にしたいものである。

令和2年10月08日

1949年に旺文社から創刊された大学受験用の参考書「傾向と対策」この言葉は、もっと以前か使われているものと思っていたが、この時が初めてである事を知った。今の私にとっては言い得て妙である。

令和2年10月05日

素振りは動作の基盤を点検するものであるが、それだけに基盤の稽古を疎かにしてはならない。

令和2年10月02日

今の時代の閉塞感はネットが人々を同じ空間へ呼び込んでしまったことにある。
これからは、何を相手にしなければならないのかを、道を進んでいく上で、視野を広く考え実行していかなければならない。情報ツールにより失われてしまった心の部分を、まだ間に合う方とどのように共感していくことが出来るか。情報は心を奪い、心が奪われれば情報を求める。そんな世の中になってしまった。

令和2年9月30日
心というのは真似できないものであり、真似しようともしないものである。

令和2年9月25日

抜刀術で背中の意識が重要であることが確認できた。

令和2年9月21日

実際に人間は脳をどれだけ使用しているかは謎であるが、それを引き出すために身体は不可欠であり、感覚を追求し未知なるものを得ていくことが必要である。その未知なる物とは無意識からの贈り物であり、無意識から意識へ、意識から無意識へ、まあもっと適切な言葉があるだろうが、この無意識との関わりが人の持っている能力を引き上げ、何かに役立てることが出来るのだと信ずる。

令和2年9月17日

案山子落としの方向に気づきがあった。
これにより、相手は足が出にくくなり倒れやすくなる。

令和2年9月16日

歩幅に一つ得たものがあった。
ある方向によって身体が割られるものがあり、それを防ぐ必要がある。
弱いと思い込んでいたものが実は強かったりするからやってみることである。

足裏の均等圧力は浮き身によって養われる。それが姿勢の整え方を無意識的に学ばせている。

令和2年9月15日

姿勢は足裏で感じること
無意識で行っていたことをあらためて理解したようだ。

令和2年9月13日

自省が実践できない大人は何を語れるのか。
表面の取り繕いはそこから始まっている。

令和2年9月09日

強く打ち込む、または斬るための身体の働きと、無理なく振る身体の働き、そこに必要範囲内でおこなえる相反するものを如何に成立させるか。
一つ具体的な課題が舞い降りてきた。

令和2年9月08日

境目には情報収集機能が発動される。そこに心理的要素、感情的要素が多分に注ぎ込まれ情報処理をおこなっている。それは身を守ろうとする本能的な作用であるが、身体的にも精神的にも境目は馴染ませた方がよい。そのことを見極められるかの身体観が問われる。

令和2年9月01日

コロナ禍はテレビ禍でもある

令和2年8月28日

昨日の稽古で突きに進展があった。
座り一点接触からの崩しと同様に、背中の発力が使えるようになった。
これまでにも試みたことはあったが、足との関連が解り威力がこれまでに無いものとなった。

令和2年8月26日

「独楽落とし」に大きな進展があった。
これまで対応されていた姿勢をとられても、呼雀を用いることでこれまで以上に崩せることが分った。通じなかったものが、より利くようになるということが、釣り合いの均衡であり興味深いものである。

令和2年8月25日

人々が「慣れ親しむ」というような生活は既に終わりを告げてしまっているのか。
ITに抗えない世の中は、慣れ親しむ生活を置き去りにしてしまうものである。
だから置き去りにされても生きていける生き方が幸せなことだと思うのである。

令和2年8月20日
「案山子落とし」は、重心と浮き身を使う事でより利きが向上した。
蠢動、接触、方向、落下、それぞれに精度が求められるため体術としての稽古が進む。

令和2年8月15日

見極める心と身体が失われつつある今、多数決に一体何の信憑性があるのだろうか。
情報が限りなく発達した今、見極められない出来事で混乱が生じている。

令和2年8月12日

「蠢動と接触」は技をおこなうためにはとても重要である。
そして「体と腕の同調」も重要である。

令和2年8月11日

人は成長するということもあるが控えていたということもある。無理に我を出さず、状況に応じて合わせられるか或いは抑えられるかが見える人には見えるのだろう。

令和2年8月06日
呼雀(よびすずめ)を体術に応用し新たな技が誕生した。
相手を引き落として投げるものと、背後を取りそのまま引き落とすもの。
いずれにも呼雀の発力が強く、加減してやらなければ怪我をさせてしまう恐れがある。
咄嗟に呼雀以降の動きが自然と出たことに自分でも驚いた。

令和2年8月04日

結局のところ、人はその場に応じたことをしているに過ぎないということ。
その場を選んだ自分に責任がある。

令和2年7月30日

「蠢動」は動きだしがとても重要であるが、「独楽落とし」に関しては異なる。改めて振り飛ばしで精度を確認する稽古の重要さが分かった。
納刀は中心を大事に操作すること。

令和2年7月29日

体術「独楽落とし」に進展があった。
沈めようとせず、相手を回転させることで自然と崩れていくことが解った。
そのためには自らも独楽になるという事。これが今日の気づきである。

令和2年7月26日

「知る者は言わず言う者は知らず」
有名な老子の言葉であるが、最近納得した出来事があった。
世の中は幾層にも連なっている。

令和2年7月21日

人は鈍感さと敏感さが無ければ破綻してしまうということ。

令和2年7月20日
人を信じ切れないことに問題があるということ。
勿論信ずるということは難しいことであるが、信じなければならない、例えそうではなくとも信じるべきことがある。日々細胞は生まれ変わり状況も変わり続けて行くが、なるべく、いやもっと強く、このことを信じなければならない。それを疑うということは己がまだ未熟であるという事を心得ておく必要がある。

令和2年7月17日

抜刀術において、速く動くのではなく、重心に速く動かされることが解った。
その重心の使い方が難しいのであるが、あらためて気配や誘いと言うのは、技法があって心理的に働くのだと、これまでの思考を巡らせた中で最も納得が出来た。だが、まだその事を結論付けるには早いので、現在の抜刀術稽古ではその辺りを身体に探究していただこうと思っている。

令和2年7月13日

人は誰でもそうでありたい自分で過ごすことは難しい。
家庭であれ職場であれ学校であれその中で周囲に合わせた自分を出現させなければならない。
一週間の間に一日でも、本来の自分でありたい環境に身を置くことができれば、それは生きていることを実感していることになっているのかもしれない。
死にたくないという思いの一つには、生きている実感を得られぬまま我慢し続けてきた自分の姿のままでは終われないという思いが引っ掛かっているからではなかろうか。
自らを現す場に出会えること、そして本来の自分と向き合う事。

令和2年7月10日

「能動的無意識からの学習」
これは、今日のブログ内で生まれた言葉であるが、身体的確信を持った言葉である。
詳細は記事に書いているので割愛するが、学びと言うのは身体の感覚を自ら総動員して働かせることで、無意識のうちにさまざまに学びを得ているのだ。そうした能動的な学びの思考法は生きて行く中での学びに直結する。

令和2年7月09日
縁が繋がり場が生まれる。時が流れ縁が広がる。
今を疎かにしないこと。

令和2年7月08日

そもそも食事とは身体に身体に負担を掛けるものである。
生きて行くための栄養源として欠かせないものであるが、負担を強いていることも感じられなければならない。そういった部分での意識の在り方はとても難しい。

令和2年7月07日
蠢動から技を掛けるには、蠢きを止めずにおこなうことが肝要と言える。

令和2年7月03日

「武術と論」
そこに身体が在って感覚的に得たものは心理や気づきを学習し続ける。
だが、身体で得たものが如何なる状況で、その透明度と真摯さにあるか…それによって導き出されるものは全く違うものになる。

令和2年7月01日

「蠢動」からの崩しに進展があった。前回おこなった横倒しよりも不思議な崩しである。掌の接触により信じ難い程に相手を動かせ下へ崩す事が出来た。
これには、微妙な接触技法が求められるが、蠢動が無ければ意味を成さない接触技法であるため、これからも展開が予想される。

令和2年6月26日

なにでお腹を満たしたかと同じく、なにで体を動かしたかの差は、その後の身体にとって大きな違いとなる

令和2年6月24日

「無意識だったものは意識しなければならないし、意識していたものは無意識に出来るようにする」
成長とはそういうことなのだろう。

令和2年6月23日

「状況に誘われず心理的に力みが抜けていられるか」
この事が、実感として理解出来たような気がする。ただ落ち着こうとするのではなく、その状況に求められる身体の無理のなさが、構えであり、動きであり、残心と同じように、状況に誘われる違和感を感じ取れるか、それに対しどう身体を調和させていくかが、心理的に作用するものだと思われる。それを無意識に身体調整出来るかが試されているところでもある。

令和2年6月20日
蠢動からの技が一つ生まれた。蠢動には、相手のバランスを蠢動特有の崩し方で崩せることが解った。だが、蠢動だけでは崩せないので、全体の調和による働きは稽古で習得していく必要がある。

令和2年6月16日
やはり二ヶ月間の間に身体の状態はこれまでとバランスが変わってきている。
淡々とやっていたものが、怪我につながる可能性も考えられえる。
今日は少し右肘に違和感を覚えたが、身体各部への観察を高めておかなければならない。
いかに、日々培っているものが大事であるかということ。

令和2年6月09日
袈裟斬りにおける前足の使い方というのは、感覚的に難しいものがあり、未だに安定しないものがある。それが良いのか悪いのかは別にして、この前足の上げ方一つで。身体全体に感じる一致感がまるで変わってくる。その一致感を探すために試行錯誤しているのであるが、今日は前足の引き上げに進展があった。薄紙一枚とまではいかないが、そこを目指す脚部の操作に身体が応答した。

令和2年6月04日
直感には、無意識的な辻褄を感じている部分があり、想像とは異なり、感覚的に、または感情的にどうしてもそうなってしまうことがある。経験上、のちにその事が外れることは少ないので、どうしてもそのように感じてしまうものが直感であると思っている。直感を磨くには、経験と見極めの時間が関わってくるが、そこに武術稽古も大きく働いている。

令和2年5月29日
「資質」が善悪の判断や言動に大きく関わっているということ。
この資質というのは、その人自身の揺ぎ無いものであり、揺ぎ無いからこそ資質を見抜くことが大事である。知識や感覚は身につけられても資質を変えることは不可能である。資質と資質、それが相性ということなのだろう。

令和2年5月24日
5月22日の稽古で「蠢動」の凄さをあらためて実感することになった。
立っている相手の両肩に触れた状態から、横に回転させるように沈むだけで倒せるようになった。技が生まれた瞬間、言葉を失ったのは今回が初めてであった。

令和2年5月19日
願いは誰でも叶えたいものだが、そこに念が掛かっているかどうかが、その願いが叶う願いなのか叶わない願いなのかに分かれるのではないだろうか。
すなわち、生涯かけて弛まぬ念が願いとなるならば、それは叶う可能性も高く、またそれ以上に価値のあるものなのかもしれない。

令和2年5月15日
「有るものからは何かを探し無いものからは得られるものを求める」
つまり、無いものから探してはならない。ただ、求める嗅覚は鋭く

令和2年5月12日
時代や年齢に応じて変わらなければならないものがある。
それは、変わりたくなくても変わらなければならないし、変わるべきときに変わることが出来ていれば、迷いや病から距離を保てる。
つまり、時代や年齢に応じ形作られるものがあり、そこにどう踏み入って行けるかがある時期から難しくなってくる。そこに気がつき実行出来るか、さまざまな眼が求められる。

令和2年5月08日
昨日の記事でも書いたが、剣で作られる身体の大きな点は、その手之内の指にある。
指一本一本から伝わる前腕、上腕、肩甲骨、背中全般に至る筋の働きは、意識的よりも無意識的に調整している部分が多い。そうした細やかな感覚の追求により作られる身体が剣で作られる身体と言えるのだろう。もっとも、それだけではないのだが…

令和2年5月01日
人は絶妙な制御で滑るものに感動を促される。
そこには危険であり不安定であることが大きく関係している。
それは、安全であり安定しているものとは逆であり、そこに体感的にも視覚的にも、興奮に近いものがある。この「危険を制御する」ということの中に、限界突破の働きがある場合も考えられる。武術的には、危険を制御することが求められ、そのなかに滑るという動きも起こりうる。身体の調和した働きの中で、何かがそれを塞いでいるときには、危険を制御することが一つの教えになっていると思われる。

令和2年4月24日
表裏というものは、表の中にも表裏があり裏の中にも表裏がある。
現象に対する表裏とは如何なものかを見つけられるかが重要。
身体から発するエネルギーの伝達には、芯となる強さだけでも無く、抜けた柔らかさだけでも無い。相反する剛と柔を一つの中に取り入れておこなう。これは矛盾を住み分けそれぞれの役割を活かすものであるが、矛盾であるからこそ気がつき難い、そこに何らかの表裏からなる実があるようにも感じる。

令和2年4月19日
「こんな時こそ心を豊かに」
人間は、何かに没頭するものだ。
その没頭がその人の心を養っている。
今は多くの人が本来の没頭を奪われているが、心が豊かでいられるか否かは、この時期の没頭に関わってくる。
知識や情報は確かに有益であるが、今の時代は決してそうとも言い切れない。
芸術や武の力が生まれた背景を考えれば、逆境からではなかろうか。
たんにビジネスとしてではなく、逆境に対しても豊かでいられるかが対応法として今は求められるものだと思う。
弱さを豊かさへ。

令和2年4月14日
原稿を書いている段階で、蠢動には「弱所散助」(じゃくしょさんじょ)の働きがある。という言葉が生まれた。読んで字の如し、外部からの入力に対し、身体の弱い箇所を散らしてこれを助ける働きがあるという意味である。

令和2年4月11日
「蠢動」に進展があった。
まさに名前の通り蠢くが如くおこなうことでこれまでのなかで一番の利きが確認できた。
振動でもない、響きでもない、蠢くようにおこなう。
それぞれの術理により上記の種類は異なるが、蠢動には気がつきにくいものがある。
そこに気がつく事で、蠢動の蠢動たる利きが実感できる。

令和2年4月8日

剣術における「手之内の締緩(ていかん)」
手之内の重要さは各流派で言われていることであるが、無意識のうちに実に目まぐるしく動いているものである。単に握りの形や緩め具合といったものではなく、コンマ数秒の間にさまざまな変化を左右でおこなっている場合もある。こうした手之内の締緩は、剣術のみならず、杖術により養われることが大きい。それはおそらく、気が付けばそうなっていたという順を踏まえたものであり、今すぐに意図的に出来るようになるというものではないだろう。しかし、そのことを知っておくことは重要だ。

令和2年4月4日
副交感神経を優位に働かせるにはヨガの瞑想など、呼吸に関するものが幾つか挙げられる。
一昨年の6月に考案した杖整体操もそうした働きがある。両手を重ねておこなう誘導と対応の心身調整法も、元は相手の誘導に無意識的に対応出来ることを目的におこなっていたが、これは瞑想に近い効果が得られることが解り、呼吸と掌の僅かな引き合い接触が集中を高め、五分程の短い時間でしばらく目が開けられないほどの心身の落ち着きが得られるものとなった。今夜走りながら、あらためて呼吸を大事に意識し、気持ち良さを外さないように集中することで、走りながらも眠気が訪れるような感覚があった。すなわち、呼吸ともう一つ何か集中できるものとの二つがこうした副交感神経を優位に働かせる要因になっているのではないかと感じるのである。
呼吸のリズムや音をつけるようにおこなうのも、呼吸の意識を忘れないようにおこなうものであり、走っている景色がまるで実感が無いように感じるのも視覚の集中を減らし、内部への集中に集まっているからだと思う。そう、視覚を忘れるということも重要となっている。その状態が、ただの心地よさ、リラックスだけに留まらず、なにか脱力の新たな世界に通じればと想像しているが、そこが上手く合致するかどうかは今のところ分らない。しかし、今月は道場で稽古が出来ないという未だかつて無い状態となったことで、なにやら大きな気づきが訪れるような期待もしている。まあ、そう上手くはいかないだろうが…

令和2年4月1日

「脱力のちから」
蠢動が全く利かずさまざまに検討した結果力みが蠢動の働きを抑えていたことが解った。もちろんこの事には気がついていたのであったが、代わりに別の術理をおこなっていた事で、蠢動の使い方が変わってしまっていた。
今回は、脱力により蠢動の利きを見直す事になり、再び蠢動に対する関心と興味が湧いてきた。これの最も興味深い点は、弱い状態と強い状態が紙一重という点にある。

令和2年3月31日
失うものがあれば得られるものもある。陰と陽には森羅万象通じるものがあり、其の規模に値するものでもある。自然とは、太古の昔からそのようにして成り立ち、形を成しては破壊し、自然=意思 の働きが何らかの存続を意図している。人類も、その役割の一つにしか過ぎない。だから自然という意思からなる意図には抗うことはできない。しかし、それもこれも全てが自然という流れの一部なのだろう。

令和2年3月26日
今日の稽古で座り一点接触からの崩しに三度進展があった。
背面の意識と、左右の使い方に足が加わることで、さまざまな方向から一気に崩すことが可能となり、いなされず留まることなく余裕を持って崩すことが出来た。

令和2年3月22日

座り一点接触からの崩しに更なる進展があった。ロードバイクのKさんを後方へ飛ばすことができた。背面の意識であるが、今後はさらに研究したい。

令和2年3月19日
両手を重ねた誘対法で、これまでになく深い状態を経験した。
集中と呼吸がこれに関わってくると思われるが、その他の要因もあると思われる。数ヶ月ぶりにおこなったことも関係していると思われるが、瞑想に近い、いや瞑想といえる心身の落ち着きと、僅か10分足らずであるが、終了後暫く目を開けられないほどの状態となり、特に大きな動きはないのであるが、全身が弛み、立っている状態が、真っ直ぐに立っていることを実感出来るものとなった。身体を伸ばしたり体操的なものは一切していないが、心身の状態が僅か10分足らずでこれほど変わるのかと驚いた。

令和2年3月18日

体術稽古で、座りによる一点接触からの崩しに大きな進展があった。
相手が有利な膝立ちで立っている姿勢からでも後ろに崩せ、さらに立って中腰にこちら側へ重心を掛けて押し込まれている状態からでも正座から押し返すことが出来た。

令和2年3月17日
「生きていることそのものが逆境である」
恩恵も報いも陰と陽のようにかならず付いて回るものである。
だからこそ、問題をどう解決していくかという事を自得して行かなければ生きていくことが苦しくなってくる。その自得をどう積み重ねて行くかが本来の学びであろう。
つまり、生きて行くという逆境の中で、問題解決に必要な自得を学び続けて行くということが、人が生きていく上で求められているものと言える。

令和2年3月14日

「気が付いたことは運命であり気が付くことも運命である」
その時は辻褄に沿っている

令和2年3月13日

「中心と向き合い中心を練り中心を使い中心を労る」
技法の根幹部はここにあるように思う。
ここで言う中心とは、全てを遡った地点であり、その中心というものを探求しながらこれをおこなう必要がある。つまり中心というものを実感し知り続けて行くことではないかと思うのである。
「一人稽古で規矩をつくり、対人稽古で中心を練る」
勿論これだけに留まらないが、稽古の根幹部にあると言える。

令和2年3月11日

「中心を取ることと摺り足の関係に気がつく」
「身体は真っ直ぐに使うことで中心圧力を掛けやすい」
「中心感覚を練る稽古は抜刀術や納刀の精度を高める」
本日は、中心についてさまざまに稽古した結果分ったことである。
中心を取る、或いは中心圧を掛けるには、見かけ上の水平方向も大事であるが、姿勢と左右の足裏に掛かる重心の偏りも大きく作用している。それにともない、肘が身体から離れてはいけないことにも納得がいった。

令和2年3月10日

「目から得ただけの情報はじきに居心地が悪くなる」
目の情報に繋がる身体の居心地を感じ取り、そこで得たものから目を切り離すこと。解ったということは身体を通して居心地よく実感できたものであり、居心地を実感出来ないものはただ同じようにしていても、それは解った内には入らない。
見抜くもの、原因究明には目の先にあるものでなければ気が付けないものである。
現代の最たる問題は、目に見える情報のみで思考を働かせる習慣を世界中の人に植え付けてしまっていることにある。
それはすなわち、居心地の悪さに陥っていくスパイラルとなっており、目の情報というものは、魅力的で直ぐに心地よく感じられるものであるが、その実、本来の心地よさの置き所はその先にある実感への信頼であり、目先の情報というものは実感に至らぬとらわれを生じるものであり、信頼出来るものではない。結局のところは自分と向き合い、そこに生ずる居心地から何を思うかが本当のところであるといえる。人はそれを無意識に避けようと習慣付けられている。

令和2年3月5日

「考えを当て嵌め過ぎず行けそうなところにいく」
「身体ができて感覚が生まれ無意識が統御する」
昨日の戸越体育館での稽古で発した言葉であるが、身の規矩(かね)が出来て来れば、無意識的な予測が規矩に働き掛けてくる。その働きこそが技への手がかりであり、理屈と経験だけでは得られないものなのである。

令和2年3月3日

「自己完結型思考は登山の途中で見える景色に妥協しそこで止めてしまうようなもの」
つまり諦める理由を自分に納得させるようにしているということ。子供の成長が早いのは一つには、自己完結に逃げる経験がまだ無いからである。

令和2年2月29日
講習の合間の一時間で、剣術の「正面斬り」が変わった。
腕を上げる際に上体が沈む働きのあることが解り、そのまま沈ませることを先行させながら、振り下ろすことで今までに無いほど、楽に剣が振れるようになった。見た目には殆ど解り辛いが、実感としては大きく異なる。皮が向けるほど思わず何度も振ってしまった。

令和2年2月27日
抜刀術が大きく変わる事になった。
非常に難しくなるが、上達のために今よりもっと下手になるのを覚悟しなければならない。
静から動への瞬間的な移行を目指したものから、ヌルッと把握し辛い動きに全てを変更することにした。数年前に考えた事もあったが、技としての技たらしめるものを感じていなかった(未熟がゆえに)ためやろうとも思わなかったが、今日の稽古で色々な要因がようやく「居合い」というものに微かに近づけるものになるのではないか…という、そんな気配を感じた。

令和2年2月24日

そうでありたい環境に近づけたのなら、応えてあげられるものへと変われるよう努めなければならない。常に一瞬が試されている。

令和2年2月23日
想定は、その先に対応し辛いものである。だが、いつの間にか想定を立ててしまう。想定が甘いからなのか、想定に縛られているからなのか、その両方であろう。想定のレベルを上げるなら、想定しない対応力を養っていかなければならないように思う。守りやパターンというのは、既に何かが変わってしまっている。

令和2年2月20日
目で見たものを如何に身体で感じられるか。
また、そのようになっていく稽古を重ねていかなければならない。

剣術で構えによる剣の理に興味が向き始める。構えには一長一短があり、各構えに応じた理合いがあり、それを探りながらも、「一つの構え」というものを見つけたい。各構えに対する各構えの応じ方があり、そこに多くの流派が考えたであろう秘伝がある筈である。そうした理合いに甘んじることなく技法を追求し、一つの構えへと通じていければと思う。

令和2年2月17日

数メートル先の段差を右足で跨ぐか左足で跨ぐか分かるのも無意識の予測ではないだろうか。
また、その右足か左足かの感じ方も不思議なものである。

最後の瞬間を無意識で身体が予測して動いている。

抜刀術などは、予測を育てる稽古であるが、その予測とは、意識的なものでなく、無意識の計算を働かせている。

シンプルな動きの中で、身体(無意識)が意識に伝える違和感や心地よさというものを、常に確認し進展させ続けて行くことが、各種動きに繋がり、それはすなわちその人にとっての基本の動きと言えるのだろう。
基本が進展せず、変わらないものであれば、身体が進みたがっている違和感を意識に訴えかけても基本が足を引っ張ることになってしまう。
基本には、言葉による思い込みが介入しやすいものであり、自らが基本を作り練り上げていくことが重要かと思う。

令和2年2月14日

「脳との対話」
心の状態を安定に保つには脳(無意識)からのサインに耳を傾けてあげられるかに関わってくる。 逆に心の状態が正常に保たれていない場合は、そのサインに耳を傾けず気づかずに末端の意識だけで言い聞かせているだけである。 そこに知識や情報というものが尚更我の意識を強くしてしまう。知識や情報は必要であるが、自らが自らを探知するには邪魔となる場合が多い。 お腹が空いて何をどのくらい食べたいか、体のために何を食べたいか、そうした欲求が強く関わる声には毎日応えようと務めているが、その他のサインには、感じようとしないものである。その代償はさまざまに表れるものだということを私たちは知っておかなければならない。

令和2年2月11日
「表裏の見眼」
これは昨年暮れごろに気がついた、目に誘われるものは表、目で見ず眼で観たものが裏。その表裏一体となったものが技であり、人であり、全てに通ずるものごとの本質であるとみなす。技の理解、人の理解に通じるのもその表裏の見眼にあり。

令和2年2月10日
「隙がないというのは、隙を出しながら見事な対応をおこなうことに本来の隙のなさがある」
また、「誘いを掛ける」というのは、単に虚を示すのではなく、相手の腹積もりや本質を見極めるための手段ともいえるだろう。

令和2年2月9日

「どこに目付けができるか」
合わせる必要のないものに考えを巡らせないこと
その労力は、目の付け所に向けた方がいい。

令和2年2月6日
体術「触れ手落し」が昨日5日の稽古で大進展した。
これまで、受け手が強く耐えていた状態では潰せなかったが、今日は受け手側も身体が強くなる術理を駆使し、さらに半歩足を出していただいた状態でも膝がつくまで潰すことが出来るようになった。これにより突きも威力が向上し、体術における発力の基盤を練る稽古が見つかったように思う。大きな一日であった。

令和2年2月5日
「言わないことと訊かないこと」
これで十分に通じるものがある。否、だからこそ通じるのかもしれない。
見習うとは安易なものではない。

令和2年2月4日
「どこまで捨てることができるか、忘れることができるか」
流れが自然であるならば、成長に応じて、感覚に応じて、習得した時(当時のレベル)のものを頼りにしてはならない。基盤となるものは、常に感覚的に追求し、進展に陰りが感じられるなら、それは大きな変革を身体が求めているものである。自らの脳にある記憶の引き出しは常に点検整理しておくこと。執着と捉われは妨げとなる。そのことに気が付けるか。

令和2年2月3日
「行き(生き)詰まったときは感謝する」
目標や希望には、人間の行動を突き動かすエネルギーとなっているが、そのエネルギーに見合った結果が訪れないと、決めたはずの行動に対するエネルギーが変わってしまう。当初の希望エネルギーが尽き、代用品として犠牲のエネルギーが我が身を消耗させながらそこに誤った思考を植え付けてしまう。状況の変化、流れの変化は自分ではどうする事も出来ないので、目標や希望は生きていくエネルギー源として必要であるが、明るいエネルギーが足りなくなってしまったときには、一旦現状を見渡し感謝することで、幸福のボーダーラインを設定し直すことが出来る。そこに向かって希望エネルギーとともに再度歩みだすことができるのだ。このボーダーラインを固定せずに上昇下降させながら、感謝と幸福の実感を得て行けることがその人にとっての救いにも繋がる筈である。

令和2年1月30日
これは気づきというよりは、想像であるが、所謂身体の中を使うということは深層筋の働きを使っているが、この使い方を工夫しなければ身体がガチガチになり易くなり、首、肩、肘、などへの怪我のリスクを高めるものとなる恐れがある。そのため、中を使いながらも分散させ、誤った実感(固まった=力を発揮した)というような事を繰り返さず、それよりも有効なものへ工夫し自得できるような取り組みが必要である。そして、杖術というのは、使い方によっては硬くなる恐れがあるが、武術としての操法でありながら同時に身体調整のための操法でもある。これは可動域を広く使うことで深層筋を解す働きが動きの中にあるからだろう。杖整体操も深部に届くものであるため、それらを合わせた稽古というのがこれからも稽古を淡々とおこなっていくためには欠かせないものであると、このところ強く感じ始めた。

令和2年1月26日

講習に向う電車内でフト思ったが、全く関係の無いことの発想や行動というのは、自らを守るための無意識的自衛手段とも言えるかもしれない。表裏のバランス感覚として己を保つものであるが、その内容によっては逆効果もありうる。

令和2年1月23日
昨夜の全身を廻(めぐ)らせる身体の使い方で、身体が温まり体の強さを確認できた。
小太刀では「引込み潰し」という技が生まれた。

令和2年1月22日
昨夜、松聲館での稽古で身体の新しい使い方を学んだ。
それを本日の稽古で試みたところさまざまにこれまでにない強さを身体が実感出来た。
帰りの電車内で、足の使い方を自分なりに検討したところ、身体に活力が湧き、帰りの道中にもそれをおこないながら歩いたところ寒いはずなのに身体が熱くて驚いた。この足も含めた全身の関連性は明日の稽古で試してみたい。

令和2年1月19日
「武術稽古は自省を促すものである」
深夜に記事を書いていてそうした考えが頭に浮ぶ

令和2年1月16日

「曖昧な加減を探る」
新宿スポーツセンターでの一人稽古時に感じたこと。
実感だけに判断を求めてしまってはならない。実感のない曖昧な部分を探り、その加減の中で発見できるものがあると思われる。今はそこに新たな眼を向け、現時点を超えて行きたい。
【抜刀術】
「天神抜き」では、鞘を出さずに構えられるようになった。
転換と落下が身体に入る。
「津波返し」では、以前は合致しなかったが前足の指を抜いて使えるようになった。
抜刀では、右手首の角度も初動の伝達には重要である。心理的居着きより優先出来るものとなった。

令和2年1月15日
「意味のある一冊」
昨日4.5㎞をゆっくり走りながら、本には読むべくして読むものがあるのだと、それが今までのこと、これからのことを整理させてくれるものであると気がついた。人との出会いがあるように、本との出会いにも不思議なタイミングがある。

令和2年1月12日
7㎞走った後、部屋で袈裟斬りを始めた際、背中の使い方に新たな実感を覚える。
これは、先日木曜日におこなった袈裟斬りの余韻があったのか、まだ私の中に諦めていない部分があったのかもしれない。しなりを諦め開閉となったのであるが、肩の痛みが幸いしこれに気付かせてくれたものであり、まだこれが採用となるのかどうかは、相手を付けて稽古をおこなってみなければわからない。こうしたことは日が経ってみて不採用となることもしばしば起こりうるので。

令和2年1月9日
「利害関係とは、利害が一致するだけではなく、利もあれば害もある関係性である」
状況とともに利害は逆転し、足枷となる場合もある。安易な利害関係は持たぬこと。

令和2年1月6日
「淡々と続けられる中で機能していくものとその見極め力」
淡々と続けられることの力は今までにも感じていたが、あらためて動きを変えてみたときに、これまで淡々とおこなっていたものの機能性に気がつく。だが、何を淡々とおこなうかを誤るとそれは寧ろ弊害となる。今夜の稽古で試したいと7㎞走りながらそういうことを考えた。


令和2年1月4日

「意識と身体の近づき」
身体が育たなければ意識も育たず、意識が育たなければ身体も育たない。意識と身体が近づくこと、それが無意識を育てるということなのかもしれない。1/3稽古帰りの深夜に思う。

令和2年1月3日
深夜に記事を書いていて、「対にあるものに時間をかけられるか」という事に気づかされる。その対とはさまざまな層で覆われており、多くの層の中から最も必要なものをみつけられる身体観がその人の無意識レベルの高さを示しているのであろう。

令和2年1月1日

日々身体と心に気が付いたことを記録する場としたい。
新たな年が幕を開け世の中も同時に切り替わる。このお正月の間に冷静な何かを確立させたい。

About

Blog

PAGE TOP